全身脱毛で汗の量はどう変わる?気になるニオイについて

全身脱毛をすると汗が増えるという人もいますし、減るという人もいます。使用する脱毛マシンも関係していますが、一般的には減ると感じる方が多いようです。ムダ毛が多いほど通気性が悪くなるので、汗が逃げにくくなります。

ただ、実際には全身脱毛をすることで汗が増えるのが現実です。新陳代謝がよくなるので、発汗量が増えるのは当然のことなのです。

減ったように感じるのは通気性がよくなり、すぐに乾いてくれるからでしょう。それにより衣服の黄ばみが解消したという方もいます。すぐに乾燥すればニオイ菌が発生しにくいので、今までより体臭は軽減するでしょう。

体臭の中でも特に強いのがアポクリン汗腺から生じるものです。わきが・すそわきがは特に強烈であり、これらを解消するためにも全身脱毛をおすすめします。

わき・デリケートゾーンの脱毛は、全身脱毛コースに含まれているのが普通です。ただし、一部のエステでは含めていないので、ここは事前に調べる必要があるでしょう。難易度の高い脱毛部位なので、コースに含めていないエステもあるのです。

全身脱毛をすることで肌はツルツルになり、ムダ毛が衣服と擦れ合う感覚も解消するでしょう。自分でムダ毛を処理する必要がなくなれば、肌の状態もよくなっていきます。

以前と比べて肌が弱くなってきた、炎症・肌荒れが頻発する、といった方は全身脱毛を受けてみましょう。自己で処理すると肌を傷めてしまうので、早めにエステ脱毛に切り替えてください。